旅館特製お弁当 理太夫旅館の梅まつりどんぶり裏話

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

新しい元号が発表になりましたね。ニュースもネットも令和ですから、こんな日はヒッソリと梅まつりで販売するお弁当のお話を投稿してみます。梅まつりで弁当を販売するようになって今年で10年目くらいでしょうか。本来、旅館ならば日帰りプランやランチでお食事を提供したいところなのですが、祭り当日は「女将の野点」やイベントスタッフで会場に待機するため、館内でのおもてなしが出来ません(※でした)。ですから予約は受けず開店休業の状態で梅まつりを行ってきました。そうなると祭りで食事の出来る所がないという声もあり、ならばイベント開始前に準備をして販売する弁当ならば用意が出来るというのが「旅館特製 梅まつり弁当販売」のはじまりです。当初は旅館らしく仕出しのような折箱にしたこともありましたが、外で食べるにはもっと簡単に食べられる軽食のようなものがいい、という声もありましたので理太夫ではここ数年で写真の丼ぶりスタイルで定着しました。この丼に梅林公園を詰め込んでいます。梅らしくゆかりご飯・竹林に囲まれる様を筍で・梅の木を見立てた蕗・梅花は人参で。梅まつりを食で楽しんでもらえるように想いを込めてお弁当を作ります。
梅まつりのお弁当は4月7日(日)11時ころから旅館で販売スタートです。お値段はワンコインの500円です!20個限定で販売します。

※旅館でおもてなし出来るように&梅まつりを盛り上げるようにイベント内容も試行錯誤を続けています。2019年/女将の野点は4月6日(土)10:30~14:00です。会場でお待ちしています♪

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

雛まつりイベント 湯田川温泉 理太夫旅館の「雛ランチ」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

いよいよ明日に迫った雛祭りイベントの理太夫旅館「雛ランチ」デーです。

  • 3月19日(火)11:30~14:00(ラストオーダー13:30)
  • 雛ランチ 1,500円
  • 春の香り天ぷら/春のお浸し/おもてなしの郷土料理ごま豆腐のあんかけ/山菜小鉢/藤沢カブお漬物/ばんけ味噌/たまご寒天/いとこ煮スウィーツ/雛ちらし・貝の吸い物(を予定しています)

お食事のお席は2階の宴会場(お座布団席)とお食事処(椅子席)をご用意しています。
お車は自社駐車場4~6台と満車になりましたら湯田川温泉共同駐車場(無料)をご案内します。

理太夫旅館の玄関

明日もお天気が良さそうなので縁台と傘福を出して皆様のお越しをお待ちしています。

過去記事/湯田川温泉ひな祭り 【期間限定】旅館で楽しむ日替わりランチのイベントがスタート

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

山形ひなめぐりの旅行におすすめしたい季節のお食事 鶴岡の理太夫旅館「雛ランチ」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

山形各地で「雛祭り」が始まりましたね。湯田川温泉の雛祭りも3月1日からスタートします。雛めぐりにはお昼のランチも旅の楽しみに欠かせませんよね。「いつもより奮発して季節のランチを楽しみたい」そんな春のお出かけにおすすめしたい「雛ランチ」はいかがでしょうか。
理太夫旅館は鶴岡の雛めぐり各施設から車で15分と大変便利です。湯田川温泉の雛祭り会場は宿より徒歩3分と大変近くお車でお越しの際は宿の駐車場に止めたまま見学できます。春のおでかけにどうぞご利用ください。

雛ランチ|3月1日~31日(前日まで事前の予約が必要です)
お一人様 2,000円/ランチ提供時間11:30~12:30
詳しくは理太夫旅館ホームページの春プランをご覧ください
雛まつり会場「旧白幡邸のお雛様」もご案内しています。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

熱燗に合う酒のあて 味付けしみこむ女将の手料理「どんごい煮しめ」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

春に採れた山菜を冬に食べるため塩漬けにした保存食のイタドリを一晩塩出しをしてから油炒めでしっかりと味を染み込ませた歯応えサクサクのお料理です。味付けは甘じょっぱく田舎の懐かしさが日本酒の熱燗によく合うそうです。私はご飯がすすみます。

レシピのない女将の手料理、冬のお献立「どんごいの煮しめ」です。(母の料理は見て食べて学べってことですかね)

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

おふくろの味 日本酒に合う 湯田川温泉で女将の手料理「どんごい」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

春に塩漬けされた「どんごい」の塩出し中です。ドンゴイは鶴岡の通称なのかな?母(女将)はスカンポと呼んでいたそうで所変われば呼び名も変わる春の山菜イタドリです。

ー塩出しー
水にちょっぴり塩を入れてドンゴイを浸して一晩おいて戻します。一度で戻らなければ真水に浸して水替えを繰り返す、この辺はかなりアバウトな感じです。女将の料理は積み重ねの経験ですからレシピは至ってこんなもんですw
ー煮しめー
ドンゴイ・油揚げ・薩摩揚げなどを油炒めにして砂糖と醤油で味を調えます。
冬のお食事に並ぶ鶴岡の郷土料理「どんごいの煮しめ」です。お客様はおふくろの味で日本酒に合うと言ってました。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

郷土料理の物語「胡麻豆腐のあんかけ」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

山形の庄内地方で祭事に欠かせないお料理が「胡麻豆腐のあんかけ」です。
精進料理の胡麻豆腐に季節の香を添えてたっぷりの餡をかけること、と教えられました。
餡の材料となる葛粉が京都から北前船で運ばれ貴重とされた時代に、葛粉を練って餡をたっぷりとかけて客人にもてなしの心を表したとされます。
胡麻豆腐のあんかけは通年を通して御膳に並ぶ郷土料理です。昔から伝わる心粋をどうぞ召し上がってください。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

シューシュ湯気がふく白菜たっぷりお鍋でほっかほか

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

たっぷり白菜と庄内豚の旨みで美味しく温まるお鍋です。火炎でお鍋がシューシュー噴いてお部屋もポカポカあったまる~♪

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888