藤沢かぶ

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

BSプレミアムで放送されたニッポンぶらり鉄道旅「“信念の人”を探して JR羽越本線」をご覧になりましたでしょうか。冒頭に山形県鶴岡市の名湯「湯田川温泉」が紹介されまして、ワタクシほんの少しだけ出演させていただきました。旅人のダイスケさんがぶらりとやってきて玄関で立ち話をさせていただき季節の名産「藤沢かぶ」を推しました。

こちらが藤沢かぶの甘酢漬け。藤沢かぶの細長い特徴をご覧いただきたいので盛り付けは長いまま付けさせていただいています。

焼き畑農法で作る藤沢かぶの畑に私も以前お邪魔したことがあります。(写真はテレビに出演していた後藤さん&若かりし頃のつかさや旅館若旦那、→ダイスケさんと共同浴場で一緒に入浴していましたね)

畑は急斜面で立っているだけで足が辛かった。種をまき収穫されるまでの工程・作業は大変だと思います。ありがたくお料理で使わせていただきます。

余談ですが旅人のダイスケさんにサインをいただくことをスッカリ忘れていました。代わりにDCキャンペーン中のてぬぐいスタンプ帳にハンコを押していただいたことが来館記念となりました(汗)

再放送は2019年12月19日(木)12:30~放送予定だそうです。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

湯田川孟宗竹を使った竹灯籠で綺麗なイルミネーション完成

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

湯田川温泉の足湯に湯田川孟宗竹を使って製作した竹灯籠のイルミネーションが完成しました!

旅館経営の仲間たちでスタートした竹灯籠プロジェクト。竹切り→水洗い→穴あけ作業を限られたスケジュールのなかで時間を合わせて作り上げたので点灯できて大喜びしています(*´∀`*)

なにより庄内DCキャンペーン期間中に点灯できて良かったです。竹灯籠のイルミネーションは湯田川温泉の共同浴場「正面湯」前の足湯で夕方の暗くなった頃からライトアップして21時くらいまでご覧いただけます。湯田川温泉にお泊りの際はぜひ見てあげてください♪

12月末まではご覧いただけます。(壊れなければその後も灯していたい)

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

湯田川孟宗竹で酒を楽しむ「氷室酒」で贅沢な時間を!

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

ただいま「日本海美食旅」をキャッチフレーズに新潟・庄内エリアのデスティネーションキャンペーンの期間中でございます。美食旅と書いてガストロノミーと読むらしいのですが、カタカナに弱い私は美食旅のほうが伝わり分かりやすいんですがね。

そのガストロノミーとは地域性の高い食ということで、我が町の歴史や伝統・暮らし・人の背景を食とともに魅力を伝えていこう!ってことです。郷土料理はまさにガストロノミーです。1品のお料理、1品の食材に物語がありますゆえネタには困りませんがキャンペーンということで特別企画の新メニュー「氷室酒」をやっております。(前置き長っ!)

湯田川温泉は孟宗竹の筍料理が名物で温泉街の景色も竹林に囲まれた風景です。その孟宗竹にお酒を注ぎ、竹筒を丸ごと凍らせて、みぞれのようなお酒を楽しむ「氷室酒」です。湯田川温泉にある人気店の「焼き鳥ひで」さんより氷室酒を伝授していただきました。

お客様よりご注文をいただいたので宴のお席でお写真を撮らせていただきました。

みぞれのようなお酒を見て「大根おろし?!」と笑いも吹き出し、なんとも楽しい宴でございました。氷室酒の飲み口を更に楽しめるようにグラスもバルーン型や広口のお猪口などを選べるようにしています。

郷土料理とともに湯田川孟宗竹の氷室酒をぜひご注文ください♪

んだば、まだの~ -若女将-

期間限定の特別プラン詳しくは↓↓

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

アケビの皮のほろにが秋の小鉢は日本酒にお似合いです♪

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

秋に熟した紫色のアケビを山形では皮を料理に使い炒め物や肉詰めにして食べるのでアケビが果物だってことを忘れてしまいます(*゚∀゚)=3

アケビを使った女将の手料理はマイタケも入れた味噌炒め。大人好みのほろ苦さは辛口の日本酒によく合います。

女将の手料理でもてなす山形の郷土料理をぜひお召し上がりください。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

紅色づく秋のお食事「もってのほか」美味しい菊のお浸し

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

秋の山形は旬な食材に恵まれて豊富に出揃う中から献立を考えているとアレもコレもメニューに加えたくなるもので、「食べきれないほどの御食事でした」と(誉め言葉?)お客様に声をかけていただきます。

今日ご紹介する1品は食用菊~もってのほか~の「菊のお浸し」です。

丁寧に花びらを摘んでサッと茹でますと歯応えサクシャキ・キュキュッとな菊のお浸しです。お膳に色鮮やかな一品となり秋の紅葉のようです。

秋の味覚たっぷりの女将の手料理でもてなす理太夫旅館の郷土料理をぜひお召し上がりください。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888