ご飯がもりもりすすむ山形の郷土料理 理太夫旅館 女将の「ばんけ味噌」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

ほっかほかのご飯にのせた「ばんけ味噌」でございます。庄内の皆さんならコレだけでもりもりご飯がすすむはず。桜マスの焼き物に添えても美味し。酒のあてにちびちびやっても美味し。春の郷土料理の定番です。女将にレシピを問えば「味噌も砂糖も味醂も丁度良く」と見て学べの精神っぽい(でも手間はおしまず、蕗の薹の下処理から茹でて刻んで時間もかかります)春のお食事に並ぶ女将の手料理「ばんけ味噌」どうぞご賞味ください。
春に芽吹く山菜のほろ苦さは老廃物を出すデトックス効果があるそうです。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

2 thoughts on “ご飯がもりもりすすむ山形の郷土料理 理太夫旅館 女将の「ばんけ味噌」

  1. ばんけ味噌、美味しそう!
    いよいよ春ですね。

  2. コメントありがとうございます。
    春ですね~。鶴岡の気温もほんのり暖かくなって湯田川の梅も咲き始めました。昼夜の気温差はまだありますので季節の変わり目お体にはお気を付けくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です