アケビの皮のほろにが秋の小鉢は日本酒にお似合いです♪

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

秋に熟した紫色のアケビを山形では皮を料理に使い炒め物や肉詰めにして食べるのでアケビが果物だってことを忘れてしまいます(*゚∀゚)=3

アケビを使った女将の手料理はマイタケも入れた味噌炒め。大人好みのほろ苦さは辛口の日本酒によく合います。

女将の手料理でもてなす山形の郷土料理をぜひお召し上がりください。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉観光協会加盟(公式)

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙51
ご予約 0235-35-2888

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です