2月に雨降る湯田川温泉

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。
2月の庄内地方は地吹雪の時節なのですがご覧の通り雨ですよ!雪景色はどこへやら・・・。雪国のお楽しみ体験も残念ながらお休みです。(朝仕事の雪かきが無くて暮らしにはありがたいです!)

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

郷土料理の物語「胡麻豆腐のあんかけ」

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

山形の庄内地方で祭事に欠かせないお料理が「胡麻豆腐のあんかけ」です。
精進料理の胡麻豆腐に季節の香を添えてたっぷりの餡をかけること、と教えられました。
餡の材料となる葛粉が京都から北前船で運ばれ貴重とされた時代に、葛粉を練って餡をたっぷりとかけて客人にもてなしの心を表したとされます。
胡麻豆腐のあんかけは通年を通して御膳に並ぶ郷土料理です。昔から伝わる心粋をどうぞ召し上がってください。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

鶴岡雛物語のモデルさん

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

2019年3月1日(金)から開催の鶴岡雛物語のポスターが届きました。
今年のモデルさんは湯田川の「旧白幡邸のお雛様」です。五衣(いつつぎぬ)に唐衣裳(からぎぬも)そして刺繍の施しのなんたる贅沢なこと!頭にのる宝冠の細工も必見の豪華さです。保存の状態も良く大切にされてきたんだな~と感じます。
実際に展示されるお雛様は雛段の一番上に飾られるので手の届く近さでご覧いただくのは難しいですから、細部まで見るためにはポスターを撮影して画像を拡大するといいかもしれませんね。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

節分は落花生

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

一升枡に入れた落花生を神棚で拝み豆を撒くのが節分の習わしです。
見事なほど使い込まれた一升枡ですw ついでにチラリズムしている神棚の摺りガラスは明治期のものでしょうかね。すでに何代目が今の建物の基礎を作ったのか分からなくなってしまいましたけども。後生大事にしてますよ!ご先祖様~。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

ホームページ更新の日々

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

若女将のブログへようこそ!(お茶菓子付きw)
ごひいき様はお気づきかと思いますが、只今ホームページのリニューアル真っ最中です。今回も自作にチャレンジしていますが、ついつい伝えたい事ばかりになってしまいがち。お客様が必要としている情報と擦れ違うなぁと感じては修正し、でも伝えたい事があるんだよぉ~・・・と、言葉と格闘の日々。

完成の日は来るのか?という不安に、ホームページとは最新情報があってこそ(フンッ)と修正を惜しまず更新しています!デザインはお察し・・・でも頑張ります。ホームページ見に来てね~。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

お洒落に日本酒を嗜む 鶴岡の地酒で乾杯!

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

2月は鶴岡市の大山で新酒まつりが開催されます。日本酒ファンは新酒のデキを楽しみに試飲しながら酒蔵を巡るそうです。理太夫旅館のドリンクメニューも今月は普段より数種多く地酒を取り揃えます。
女性の日本酒ファンも多くいらっしゃるのでお好みで選べるガラスの御猪口を用意しています。日本酒をお洒落に楽しみましょう♪

大山新酒まつりのサイトはこちら

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

シューシュ湯気がふく白菜たっぷりお鍋でほっかほか

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

たっぷり白菜と庄内豚の旨みで美味しく温まるお鍋です。火炎でお鍋がシューシュー噴いてお部屋もポカポカあったまる~♪

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

連泊2日目の御食事

いつもお読みいただきありがとうございます。湯田川温泉 理太夫旅館 若女将です。

ここ数日お天気ニュースは大荒れと騒いでいるようですが湯田川温泉はシトシトと雪が降ったり止んだりと静かなものです。
冬期間中は連泊でご利用のお客様が増えます。お一人様や女性グループ様が多く、お部屋でゆっくりと寛ぎ連泊を満喫されているようです。特に女性の方々はお話がとても楽しそう!ご夕食のご案内をしますと、もう夕食の時間?!なんて言われます。楽しい時間はアッという間に過ぎますものねぇ~お食事の時間も旅の楽しい時間でありますように心をこめて季節のお料理と地元ならではの郷土料理をお出ししています。

んだば、まだの~ -若女将-

湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

理太夫旅館へようこそ!女将挨拶

大切な人と過ごしたいお部屋

よぐござったのぉ~

当館は昭和建築の木造3階建て客室10部屋の温泉宿です。館内は女将手作りの布細工やレトロな雑貨に囲まれ和やかで可愛らしいしつらえ。

温泉は柔らかな肌触り、まるい浴槽にたっぷりと湯がそそぐ源泉かけ流しの湯。食事は山形の旬な海・山の幸を女将が手料理する郷土料理です。

旅のお泊りが寛ぎのひと時でありますよう家族の営みでおもてなしいたします。
~良い旅の想い出を~

理太夫旅館 12代目若女将
日本源泉かけ流し温泉協会加盟旅館(公式)

   今オススメする宿泊プラン!!
庄内周遊記念
「手ぬぐいスタンプ帖」付き宿泊プラン
庄内の歴史・文化に触れ、ローカルなふれあいや出会いの印を刻む旅を体験!
(期間限定~2019年3月31日まで)
冬プラン
寒いからこそ温かさの感動を体感。
(~2019年2月28日まで)
「旧白幡邸」入館無料チケット付き
湯田川温泉雛祭り会場の入館無料チケットチケット付き宿泊プラン
(2019年3月1日~3月31日まで)
春プラン
庄内の春は湯田川から始まる。
(2019年3月1日~4月26日まで)
季節便り

~冬のお食事は~
寒鱈と白菜たっぷりアツアツお鍋

~炬燵のお部屋で~
冬をほっこりのんびりと過ごす

冬のお泊りをもっと詳しく見る

理太夫旅館のご案内

源泉かけ流しの温泉

美しく透き通る良質な泉質で適温の温泉だから加温・加水をしません

~温泉のご案内~

郷土料理

旬のものを体が欲する、産地のものは新鮮、だから美味しい

~お料理のご案内~

和心のしつらえ

旅籠の趣き残る木造には日本の彩が良く似合う

~館内のご案内~

江戸時代の創業から客人に食事と温泉をもてなし、あるがままの理(ことわり)を受け継いだ理太夫旅館です。「源泉かけ流し」「産地の料理」「もてなしの心」これが私たちの持ち味です。


~温泉のご案内~

美しく透き通る柔らかな源泉は優しい肌触りで体を包み込みます。源泉温度は42.6℃で湯船を適温に保てる豊富な湯量を誇ります。湯上りは体がぽかぽかと温かさが持続し肌はしっとりと潤う天然の化粧水のようです。

源泉かけ流しの温泉

加温・加水なく湯船に注ぎ水面をゆらゆらと揺らし溢れ流れ出る贅沢な源泉かけ流しのお風呂です。湯口は源泉からほど近く泉質を損なうことなく新鮮な湯で満たされる湯船です。

24時間入浴可能

温泉を絶え間なくそそぐお風呂は滞在中いつでも入浴いただけます。好きな時に好きなだけ湯に浸かれるのは源泉かけ流しだから。

ま~るく可愛い湯船

大浴場と呼べる広さはありませんが良質な源泉の湯量に合わせた浴槽です。
団体様の利用時にはご不便をおかけしますが泉質の良さをご堪能ください。

貸切風呂は無料で予約要らず

開錠時はいつでもご利用いただけます。湯温の都合上で冬季間(1月~3月)の貸切風呂はお休みです。

二軒で一つの湯

古くから温泉を二軒で利用しています。扉の正面にもう一つの扉があり向かい側からも入浴されます。脱衣場に衣服が無くても先客がいらっしゃる事もありますので驚きませんようにお願いします。

[お風呂のご案内]

  • 泉質|ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉(含芒硝・石膏泉)
  • 温度|源泉42.6度 浴槽39度~41度
  • 効能|リウマチ疾患・痛風・高血圧・動脈硬化・神経疾患・疲労回復など
  • 浴室|男湯・女湯・貸切風呂

湯田川温泉は開湯1300年の古湯

温泉発見の由来は傷を負った白鷺が葦間に降りて湯浴みしていたと伝えられています。和銅5年に由豆佐売神社の鎮座が文献として残されています。

由豆佐売神社では土用の丑の日に温泉清浄祭が行われます。この日はお風呂も御祈祷していただき、この日の湯に浸かると1年無病息災で暮らせると伝えられ丑湯治と呼んで賑わいました。近年では年の節目や転換期・病後の療養やストレスの緩和にと様々な理由を持って入浴に訪れ験を担いで湯に浸かるといった方もいます。

国民保養温泉地

良質な温泉と知られ古くから湯治場として親しまれてきました。泉質と自然環境に優れ国民保養温泉地に指定されています。

長逗留の温泉療養(湯治)

1日1回の入浴を数日続けた後に1日2回~3回と入浴を増やし療養期間は3週間程が良いとされます。入浴の心得は、身体を洗い流し温泉に浸かる/浴槽にタオルを入れない/入浴後は温泉成分を洗い流さぬようにお上がり下さい。

湯上り一例の風習

湯田川共同浴場「正面湯」では由豆佐売神社の正面に位置することから湯上りに出湯の感謝と無病息災を願い大人も子供も神社へ一例をする風習があります。

温泉を利用した「芽出し作業」

庄内のお米の多くは湯田川で産湯に浸かり発芽しています。

トップに戻る


~お料理のご案内~

山形の旬でもてなす郷土料理です。女将の手料理に派手さも特別なこともありませんが美味しい食事を作ります。海と山の幸、生産者が守り続ける種が四季折々に食材を与えてくれる、この地ならではのお料理です。


春のお料理

雪解けから芽吹く山菜をはじめとしたお食事です。

  • 春香る天ぷら
  • 春鱒の焼き物
  • 雛ちらしと貝のお吸い物
  • 日替わり仕入れの山菜おひたし ほか

春プランを詳しく見る


5月の孟宗御膳

湯田川孟宗の美味しさは土壌と新鮮さにあり!孟宗のお刺身が食べられるのも産地だからこそ。自慢の季節料理は湯田川孟宗汁です。

  • 孟宗汁・孟宗御飯
  • 孟宗のお刺身
  • 焼き孟宗
  • 若竹煮 ほか

孟宗プランを詳しく見る


夏のお料理

彩とりどりの夏野菜をはじめ海の幸も満載のお食事です

  • だだちゃ豆
  • さざえ壺焼き
  • 夏イカ
  • 茄子の田楽 ほか

夏プランを詳しく見る


秋のお料理

特産品が豊富に出揃い食欲の秋を満たすお食事です。

  • 庄内風の芋煮汁
  • もって菊のお浸し
  • アケビの味噌炒め
  • フルーツの品々 ほか

秋プランを詳しく見る


冬のお料理

体の中から温まる寒鱈どんがら汁や雪国の保存食に伝わる塩出しものなど山形ならではのお食事です。

  • 寒鱈/どんがら汁・子づけ
  • 塩出しもの/蕨・どんごいの煮しめもの
  • 弁慶飯
  • 白菜たっぷりアツアツお鍋 ほか

冬プランを詳しく見る

女将のブログで御料理の紹介を更新していますのでぜひご覧ください。

トップに戻る


~館内のご案内~

大正ロマンと昭和レトロが織りなす館内は緩やかな時の流れと感じることでしょう。手作りの和雑貨・季節行事・骨董品の数々を展示して日本文化たっぷりの味わいです。~旅が良き日の思い出になりますように~

和室の客室

お部屋ごとにタイプの違う和室となっています。目的に合わせてお好みのお部屋が選べます。

  • 大切な人と過ごしたいお部屋(寝室付)
  • 温泉街を眺めて過ごすお部屋(寝室付)ほか

※全室トイレはありませんが客室近くにウォシュレット完備のトイレがあります。
※客室まで階段を利用します。

  • [3階] 和室5部屋
  • [2階] 和室3部屋|宴会場
  • [1階] フロント|ロビー|お風呂

お部屋を詳しく見る

お食事処

  • 人数に合わせた小上り席
  • 2名~10名様の宴
  • 椅子席もご用意できます

舞台を備えた宴会場

  • 20名様までの宴席
  • 椅子席もご用意できます
  • スポーツ団体の利用は40名様まで

部屋食希望は個室で対応

  • 別室をご用意して個室でプライベートにお食事が出来ます
  • 予約時に御申しつけ下さい。

フロント/ロビー

  • ロビーは憩いの場
  • 美味しいお茶・モーニングコーヒーのサービス
  • 昔遊びの設置/お手玉・けん玉・カルタなど
  • wi-fiが利用できます

[設備のご案内]

  • 建物|木造3階建
  • 客室|和室8部屋
  • 宴会場|大広間/中広間
  • 人数|一般20名/スポーツ団体40名
  • 浴室|男風呂/女風呂/貸切風呂
  • 駐車場|6台/湯田川温泉共同駐車場20台
  • その他|インターネット環境Wi-Fi

温泉を詳しく見る

料理を詳しく見る

館内を詳しく見る

湯田川温泉をもっと詳しく見る


以下、更新中。


湯田川温泉 理太夫旅館
〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川乙15
ご予約 0235-35-2888

GoogleMAP詳細表示